fc2ブログ

高槻JAZZ 20th

高槻JAZZが20周年とは、まったく知らなかった

日本では、あまりメジャーではない音楽ジャンル
あまりなじみのない土地がらの高槻に
ここまで根付かせたのは
容易ではなかったと思う

従弟と
好きなフラメンコギターの志野文音が
ユニット 「シエスタ」で出演することもあり
ライブハウスへ・・・終わったら、すぐに帰宅しよ.。疲れてるし・・・と
思っていたら、家人・・・・
せっかく来たのだから、とガードしたから、路上まで見て回り
自宅に着くなり、明日も行く・・・と。

・・・・

やっぱり、翌日も高槻へ

大西順子とKeiko Leeを連続で聴いた

  disco_glamorous_life_m.png  ダウンロード


大西順子は、一時期、体調を崩し引退を余儀なくされたが
陰りも見せず、凄いピアノだった
身体中から、ピアノの音があふれていた

Keiko Leeも貫録のハスキーなボーカル
低いところで、力強く通るような、揺れるような
ボーカルは、ワタクシ好みで唸りたくなる・・・

また、アルバムをあらためて聞きたくなるようなところへ
心寄せられたことは、とても新鮮で嬉しい。

そして、
プロ・・・・・の凄さを思い知らされた強烈一日だった



スポンサーサイト



Trackback